タッチモール

最近、いろいろな人と会っているのですが、タッチモールという画期的なアプリがもうすぐ登場するようです。何が画期的かというと、原価スーパーという商品が原価で買えるアプリのようです。

 

商品が原価で買えるとなると、企業はどこで儲けるんだ?となりますが、その原価スーパーを利用するためには、月額300円が課金されるようです。その月会費で企業は利益を得るようです。

 

儲けの仕組みは分かりました。

 

非常に面白いサービスだと感じました。これからの時代、二極化とも言われ年収1000万以上か年収100万円の二つに分かれるようなことも言われています。

 

となると、節約は必須です。であれば、こういった節約に役立つサービスは口コミで広がることが予想されます。また、扱っている商品も知られていないような商品ではなく、一般のスーパーで売っている、誰もが知っている商品のようなのです。

 

それであれば、飛びつく人たちも多いとおもいます。いくら安くても、よく分からない海外産?のようなものだと不安です。

 

しかしながら、送料はかかりますのでまとめ買いは必須です。また、通販の場合、あまりに家にいない一人暮らしの場合には、受け取りがストレスになることもあります。

 

そのあたりを賢く使えるのであれば、かなり有効なサービスだと思います。2月末頃にサービス開始とのことで、予約しましたのでまたサービスを使ってみての感想もこのブログで書いていきたいと思います。