マイナポータルのログイン方法を解説します。

マイナポータルにログインする為のステップを説明します。

 

ログインのステップ

1、マイナンバーカード(個人番号カード)を発行する
2、ICカードリーダー(ライタ)を準備する
3、マイナンバーカードを読み込ませログインする

 

マイナポータルのログイン方法

3ステップです。パソコンや家電製品の設定接続等に慣れた方であればそれほど難しい部分はないのですが、パソコンや家電製品に対してアレルギーがある方の場合には、難しいと感じると思います。

 

順番に説明していきます。

 

 

 

1、マイナンバーカード(個人番号カード)を発行する

マイナポータルにログインする為には、マイナンバーカードが必要です。現在のところ、無料で発行できます。発行はお住まいの自治体の窓口などでできます。

 

 

2、ICカードリーダー(ライタ)を準備する

マイナンバーカードは、ICカードですので、ICチップが組み込まれています。カードのICチップを読み込んで、本人確認をする為ですが、慣れない人にとっては一番の難所です。

 

ICカードリーダーは、要するに、ICカードのICチップを読み込む為の機器です。

 

イメージとしては、お店なんかでクレジットカードなどを読み込むような機器のような感じです。(あくまでイメージです)あんな感じのものを自宅に用意する必要があります。

 

高そうなイメージを持ったかもしれませんが、2000円程度で購入できます。

 

ICカードリーダー(ライタ)

 

それほど高くはないのですが、パソコンに設定する必要があります。説明書の通りに行えば、難しいことはないのですが、苦手な人はアレルギー反応が出るかもしれません。

 

 

 

3、マイナンバーカードを読み込ませログインする

ICカードリーダーの設定が出来たら、マイナポータルのサイトにアクセスし、カードを読み込ませてログインするだけです。

 

マイナポータルのサイトにアクセスし、マイナンバーカードを読み込ませ、暗証番号を入力すれば、マイナポータルにログインできます。ここでは、マイナンバーを打ち込む必要がないというのがポイントです。マイナンバーを打ち込むと逆に情報漏えいの可能性がありますのでICカードでの認証になったようです。

 

ですので、マイナンバーを打ち込ませるようなサイトがあった場合には注意をした方がよさそうです。詐欺等の可能性が高いです。

マイナポータルへの不正ログイン等の事例・・・

マイナポータルに不正にログインされたというニュースや情報は、現在の所は、まだありません。しかしながら、必ず不正にログインされたり、情報漏洩などは起こりえる問題として、認識した方が良さそうです。

 

国がやっていることだから、安心だ!
セキュリティがしっかりしているから大丈夫!
大手企業が関わっているから安心!
マイナンバーだけでは、個人を特定するわけではない!

 

などの意見も聞かれますが、実際に海外では成りすまし犯罪も多いですし、実害もかなりの金額に及んでいます。不正ログインやその他の犯罪利用は間違いなく起こると思って注意した方が良いと思います。

 

情報漏洩としては、ニュースになるものは数百万人規模の個人情報流出という大企業の不祥事ばかり取り上げられますが、中小企業に至っては、個人情報の管理はずさんな場合も多く、また、実際には数百件?数千件であれば、漏洩している事象も多いようです。

中小企業の場合、個人情報漏洩時の対策も十分でなかったり、個人情報の漏洩保険などにも未加入の場合も多く、万一のときにも十分な保障があるとは思えません。一説には、個人情報流出の際に企業が負担すべき相場は1件あたり5万円程度のようです。

 

情報漏洩されてしまった場合でも、企業に謝罪されるだけで、わずかな金額が支払われるだけでは、たまったものではありません。個人情報の管理には十分注意すべきでしょう。

 

 

また、マイナンバーの収集にかこつけて、金融機関や保険会社などを装った、マイナンバー収集詐欺メールなども横行するでしょう。こうしたメールには、一定の割合で引っかかる人がいますので、家族や知人でその恐れがある人には十分な注意喚起をすべきです。

 

マイナポータルに不正ログインされた場合、行政手続き等を勝手にされる恐れもありますので、特に高齢者の情報管理には気をつけたいものです。